低燃費タイヤで環境にも優しい車を目指そう

転がり抵抗とは何なのか

車のタイヤは、ゴムでできているため地面を走るときは摩擦が生じ、抵抗力が生まれます。その抵抗力がタイヤの転がり具合を抑制し転がりにくくしているのです。そのため、タイヤの抵抗する力が大きければ大きいほど車に負担がかかり燃費が悪くなってしまうのです。エコタイヤは、この転がり抵抗が軽減されているため、スムーズにタイヤを転がすことができ燃費を良くするための改善にも役立てることができます。

なぜ燃費が良くなると環境にも良いのか

タイヤの抵抗を軽減することができれば、そのぶん車が使用するガソリンの消費量を減らすことができます。ガソリンは消費するたび廃棄ガスと一緒に二酸化炭素を排出してしまいます。二酸化炭素の量が増えてしまうと地球環境にも良くないため、エコタイヤを使ってガソリンの消費量を減らしていくことが大切です。

エコタイヤのグリップ力向上

グリップが強いタイヤは、転がり抵抗も強いというのが今までのタイヤのイメージでした。しかし、最近開発されているエコタイヤは、転がり抵抗を少なくしながら高いグリップ力を維持することができます。そのため、今までグリップ力かエコ活動のどちらにしようか悩んでいた人の悩みを解消することができるのです。

定期的に点検する

エコタイヤの性能をしっかりと発揮させるためには、定期的にタイヤの空気圧の点検をすることが大切です。走っているとタイヤに負担がかかってしまうため、徐々に空気が抜けていきます。タイヤは走っていない状態でも車を支えていて、徐々に空気圧が下がってしまうため、一か月に一回のペースで確認し充分に力を発揮させてあげましょう。

広告募集中